ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > スポーツ外傷・障害 > 踵骨骨端症(セーバー病・シーバー病)

踵骨骨端症(セーバー病・シーバー病)

原因

好発年齢は8歳~12歳です成長痛』とも呼ばれ、骨端線の閉鎖以前に生じ、男性は女子より6倍ほど多く、両側に起こることもあります。未発達の柔らかい骨(軟骨)に、繰り返しの激しい運動(ランニングやジャンプなど)によって、踵骨(かかとの骨)の先端部分に衝撃や圧力が加わることで、骨膜に炎症を起こして、痛みが出てきます。(アキレス腱や足底腱膜が引っ張る)

症状

・歩くのは大丈夫だけど、走ると痛い。

・ジャンプすると痛い。

・かかとを押さえると痛い。

・アキレス腱、くるぶし周辺も痛い。

痛みが強いときは、痛みを避けるためつま先歩きをすることがあります。アキレス腱が踵骨に付着するあたりに腫脹がみられ痛みがあります。アキレス腱を伸長するように足関節を動かすと痛みが誘発されるため、運動制限がみられます。

治療

経過は長く、治癒したかと思うと再発することがありますが、治療の有無に関わらず年月が経てばほぼ完治する予後良好の症状と呼ばれています。しかし、重症化するとかかとの骨の中の血管が切れ、無腐性壊死となり、かかとの一部が壊死してしまうこともあるので注意が必要です。

スポーツをする前はしっかり準備運動やストレッチを行うことが大切です。また、運動のしすぎで起こるものなので、過剰な運動や無理のし過ぎは禁物です。グッド鍼灸整骨院では手技療法、ストレッチ療法などを行い、かかとへの負担を減らしていきます。また自宅でできるストレッチなどの指導もしています。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ