ページの先頭です

手のしびれ

手のしびれが起こる原因は1つではなく、しびれの強さ・しびれ方の種類・しびれるタイミング・しびれの場所などで原因は違ってきます。

手がしびれる主な原因

・脳の病気

一過性脳虚血発作脳梗塞脳出血くも膜下出血脳腫瘍など

脳血管が出血したり詰まったりしてしまうと、脳細胞に血液が行き渡らなくなり、障害された脳の場所によってさまざまな症状を引き起こします。これが運動機能をつかさどる場所や手足に関係する場所であった場合、手足がしびれることがあります。また、吐き気、嘔吐、頭痛、ロレツがまわりにくい、体の一部が動かしにくい、めまいなどの症状もあらわれます。

・脊髄の病気

脊髄腫瘍脊髄損傷など

脊髄は、脳からの指令を伝達する神経の束であり体の中でも重要な役割をになっています。腫瘍や損傷などでこの神経を圧迫するとうまく機能しなくなり、限局する痛みや手がしびれるといった症状があらわれます。症状がひどくなると運動障害や排尿障害を伴います。

・椎骨、椎間板による神経の圧迫

頸椎椎間板ヘルニア変形性頚椎症頸椎後縦靭帯骨化症など

人間のからだには、背骨と呼ばれている脊椎というものが存在します。この脊椎は頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎という椎骨で形成され、それぞれの間には骨と骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が存在しています。この椎間板が何らかの圧力によって飛び出して、近くを通っている神経を圧迫することで手のしびれが起こることがあります。また、加齢に伴い椎間板が変形して神経を圧迫することでもしびれは起こります。

・末梢神経の圧迫

胸郭出口症候群肘部管症候群手根管症候群など

肩や腕、手の動きを支配する末梢神経や血管が筋肉や腱などによって通過する場所が狭くなって圧迫されたりするとしびれが起こります。なで肩、重いものを運ぶ職業、手首をよく使う、ガングリオン・腫瘤がある人によくみられます。また加齢による骨の変形、けがなどでも起こります。

・血行不良

肩こり筋肉痛二日酔いなどで、筋肉が凝り固まり血液の流れが悪くなることでもしびれが起こるとされています。(例:腕をまくらにして寝ている、正座後など)

・その他

甲状腺機能低下症自律神経失調症膠原病糖尿病妊娠中などの内科疾患は、神経障害の症状として手足のしびれがあらわれることがあります。

定期的にしびれがあらわれる場合は、早めに検査することをオススメします。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ