ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > 身体のこと > 揉み返し(もみかえし)

揉み返し(もみかえし)

マッサージを受けた事がある方で過去にも”もみかえし”のご経験がある方もたくさんいらっしゃるかと思います。

実際、ご来店されたお客様からのお声もよく耳に致します。また、これからマッサージを受けよう!と思う方で「もみかえしにあったらどうしよう......自分にあわなかったら」なんて考える方も多いと思います。

・もみかえしとは

マッサージの刺激が強すぎてしまって、その筋肉の筋膜や筋繊維を損傷してしまい炎症が起こった状態です。無理な姿勢での施術やあまりに強い刺激を受けた時に起こります。

例えば、首がつらい方でうつ伏せだと痛いのにそのまま受けてしまった場合、首が痛いのに無理な姿勢で受ければ逆に傷めてしまうのです。

・もみかえしの症状は?

「マッサージを受けて少し経ってから痛くなる」

「動かすと痛い」

「押すと痛い」

「鋭い感覚の痛み」

もし、上記のようなもみかえしが起きたら、炎症が起きているわけですから、対処が必要です。

アイシングをするか、冷シップを貼る。(アイシングは氷などを袋に入れたもの保冷剤みたいなものを痛い部分に10~20分程を目安にしてあてる。)

温めると逆に炎症が悪化して痛みが強くなります。ですからお風呂で温まりすぎたり、サウナはやめましょう。

・良いもみかえし

もみかえしがきたら「そのセラピストやマッサージ師は下手」と思われがちですが、そうでもないのです。

マッサージを受けた次の日は、もみかえしや筋肉痛のような痛みはなく、お身体がダルく感じる事があります。これは今まで溜まっていた老廃物が血液に流れ出て、まだ排出されないで体内に残っているためにダルく感じます。

【好転反応・めいけん反応】

睡眠不足の方や働き過ぎの方がマッサージを受けると、施術後身体が重だるくなりがちです。すっきりしたくてマッサージを受けに来たのに、どんよりしてしまった。

それはなぜかというと、自律神経が働き、きちんと身体に「休んでね」というサインを送り出しているのです。日常生活で忙しい毎日をお送りの方は、身体を休ませるために、動かさないようにします。睡眠不足の人は足りない睡眠を補うために、眠くなります。こういう状態になるのが「良いもみかえし」なのです。

なぜなら、身体の機能を正常化してくれているからです。少しのダルさは出るものの、お身体が回復しようとしている証拠と言えます。

その為、数日経てば必ずダルさは引き、受ける前よりもお身体が楽になるはずなのです。もちろん個人差はありますが、消えないはずはないのです。

上記の”良いもみかえし”の症状をまとめてみました。

だるさ・眠気・のどの渇き・鼻水が出る・下痢・便秘・発汗・発疹・尿の色の変化など、必ずしも出るわけではなく、個人差があります。

慢性的で強いコリを持っている方、長い間薬を飲んでいる方、添加物の多い食事をしている方などに多くみられます。

もう一度マッサージ等でコリをしっかりとって、冷やすのではなく温めてあげましょう。それからゆっくり休みことが大切です。

施術後に老廃物の排泄を促す為にも、白湯やハーブティーなど、温かく刺激のない水分を多めに補給して下さい。そして、排泄は絶対我慢しないで下さい。

・施術中、圧加減が強すぎると感じた時。

・筋肉を押される瞬間に全身が力んでしまう状態。

などなど、こういった場合は、痛さを我慢せずスタッフにおっしゃってください。

強いマッサージでないと「気持ちいい」と感じない場合、人によっては「もっと強く揉んでください」と要望を出したために、もみかえしが起こる事もあります。お身体に合う施術、力加減は人それぞれです。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ