ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > 股関節痛 > 股関節痛の症例

股関節痛の症例

40歳代 女性 立ち仕事

≪症状≫

来店時、股関節の痛み、臀部~足にかけての張り感、だるさ、むくみ。

毎年、梅雨時期になると症状がでてくる。

座っていても、横になってもモヤモヤ感がある。

レントゲン・病院に行っても異常なし。

整骨院・整体院に通うが効果なし。

≪施術≫

一回目

筋肉の緊張が強い為、まずは腰~足にかけてマッサージ。

次に骨盤・股関節の動きが悪い為、動きを良くする施術を行う。

施術後、股関節の痛みは多少残るが、臀部~足にかけての張り感、だるさ、むくみは無くなった。

二回目(一週間後)

来店時、張り感やだるさも無く、むくみが減ったせいか足が細くなっていた。

股関節の痛みは多少残っていた。

前回同様、腰~足にかけてのマッサージから行う。

骨盤・股関節の動きは前回より改善している。しかし、痛みがあるということなので原因となっている部位を施術しながら探しだして、原因の部位をアプローチしました。

施術後、股関節の痛みも不快感もなく、楽になったそうです。

『他の整骨院・整体院ではされたことない施術だった』とコメントを頂きました。

≪原因≫

運動やストレッチなど身体を動かすことをあまりされないせいで、筋肉が伸び縮みせず、縮んだまま奥の筋肉まで固まっていたのが原因でした。

そうなることで、筋肉と一緒に関節も固まってしまい、股関節の痛みに繋がっていました。また、股関節付近には、重要なリンパ節・血管・神経があります。緩みがないとその部分に圧迫が加わり、流れが悪くなります。結果、だるさ・むくみ・疲れが溜まった状態でした。

この状態が続くと、しびれや腰痛も出てきます。ひどくなると変形性関節症といった症状になる可能性もあります。

≪予防≫

股関節の障害や筋肉の衰えを予防するには、日ごろから適度な運動をして、股関節周辺を柔軟にし、筋肉を鍛えておくことが大切です。

・加齢や運動不足などが原因で、股関節は固くなり、動かしずらくなります。ストレッチをすることで柔軟性が高まります。(図A)

・股関節周辺の筋肉を鍛えてサポート力を高めると、股関節の負担を軽減させることができます。代表的な運動はスクワットです。(図B)股関節

 

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ