ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > 身体のこと > 首の寝違え 症例

首の寝違え 症例

40歳代 男性 長時間の運転とデスクワーク

≪症状≫

来店時、首を動かすことができない。(前後左右の可動域制限)

3日前、朝起きた時に痛くなり、湿布を貼って仕事をしていたが変化なし。

頭を少し前に倒すと首~右肩にかけて痛みが走る。

右腕を挙げた時の痛みなし。

上肢の筋緊張、肩甲骨の可動域制限あり。

炎症、腫脹、熱感、しびれ、だるさなし。

≪施術≫

・1回目

首を動かすことができず、筋緊張が強い為、まずは温めながら首~背中~腕をマッサージ。

次に肩甲骨の動きを良くする施術を行う。

施術後、首の可動域の制限はとれたが、首を倒したときの右肩深部の痛みが残った。

・2回目

来店時、首を動かすことができるが、動かした際に首から右肩にかけての痛みと右肩深部の痛みがあった。

まず肩まわりの筋肉を全体的にマッサージして、座り姿勢で首~右肩~背中に鍼治療を行う。

鍼治療後、首の可動域は増大。また鍼治療で深層に刺激を加えたことにより、首を倒したときの痛みと

右肩深部の痛みが消失した。

≪原因≫

毎日同じ姿勢を長時間取り続けることで、体が前傾姿勢となってその姿勢が一番楽に感じるようになります。

この方は自然に座っていても背中が丸まっていて、肩から5cmぐらい顔が前に出ていました。

姿勢が悪くなると肩甲骨や肩関節の可動域も制限され動かさなくなります。

そうなることで肩まわりの筋肉も伸び縮みせず、そのまま筋肉は固まってしまいます。

この方も腕を挙げた時、腕が耳に付かず肩甲骨まわりの筋肉が固まって、動きが制限されていました。

悪い姿勢で、上肢の筋肉が固まり頭を首で支えていたことが痛みのでた原因だと考えられます。

≪指導≫

首に負担の掛からない姿勢を指導。肩甲骨の動きを良くする運動。

当院では細かい姿勢を理解している先生や肩甲骨の動きを良くする運動を得意とした先生が在籍しています。

運動は具体的にストレッチポールやバランスボールを使ったエクササイズの指導となります。

詳しくはお問い合わせください。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ