ページの先頭です

足関節捻挫

足首は最も捻挫しやすい関節で、損傷する靭帯により、外側靭帯損傷・内側靭帯損傷・脛腓靭帯損傷に分けられる。また受傷機転により、内がえし捻挫外がえし捻挫に分けられる。

外側靭帯損傷

足関節捻挫の多くは内がえし捻挫であり、外側靭帯を損傷することが多い。前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯の順に断裂していくと考えられています。外くるぶしの前や下に痛みがでて、腫脹、皮下出血が起こります。重度の場合には歩行困難にもなります。

時間が経つにつれ、足関節の不安定感外果(くるぶし)部痛反復性の捻挫を伴う症状を訴える後遺症の頻度が高いです。

捻挫1捻挫

内側靭帯損傷

受傷機転として、外がえし捻挫によるものが一般的です。内側靭帯は三角靭帯という強い靭帯で守られています。

脛腓靭帯損傷

内果(くるぶし)や後果の骨折と合併することが多いです。

治療

急性期には炎症を抑えるため、アイシングを徹底し、足首を固定して安静にします。

腫脹や皮下出血がある場合は温熱療法や電気療法などにより早期治癒を行います。

経過と共に、下肢のバランスを整え、反復性の捻挫を予防していきます。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ