ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > スポーツ外傷・障害 > 膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎、ジャンパー膝)

膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎、ジャンパー膝)

原因

ジャンプ動作が要求される、バスケットボール・バレーボール・ハンドボール・陸上競技(ジャンプ選手)などの種目で、大腿四頭筋をはじめとする膝進展機構へのストレスによる微細断裂の繰り返しと考えられます。多くは骨端線の閉じる15歳以降に発症して、30歳以上になる方はまれと言われています。

好発部位は膝蓋骨下端の膝蓋腱、脛骨粗面膝蓋腱接合部、膝蓋骨上端の大腿四頭筋腱の付着部です。

症状

運動時の膝蓋腱の痛み、うつ伏せでの『尻上がりテスト』が陽性となることが多いです。ジャンパー膝が進行すると、膝蓋靭帯の部分断裂や血流障害により壊死を生じることがあります。まれに膝蓋腱の完全断裂が生じることもあります。

・1期

スポーツ開始直後に膝蓋骨の下か上に痛みが生じますが、スポーツをするのに支障のないことが多い時期です。

・2期

運動開始時と運動後には痛みが生じますが、運動中には一時的に痛みは軽快、消失するようになります。

・3期

痛みのためスポーツ継続が困難となります。

・4期

膝蓋腱の断裂が生じます。

痛みは、とくにダッシュやジャンプの動作で強く、ジャンプでは着地動作での症状が強くなる傾向があります。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ