ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > スポーツ外傷・障害 > 肩腱板損傷・肩腱板断裂(回旋筋腱板ローテーターカフ)

肩腱板損傷・肩腱板断裂(回旋筋腱板ローテーターカフ)

50~60歳代に多い。

腱板断裂とは棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋(4つを合わせてローテーターカフ)のうちどれかの腱が断裂した状態。

腱の厚みの全体に断裂が及ぶ完全断裂と一部が断裂した不全断裂部分断裂)がある。不全断裂は関節面断裂(深層断裂)、腱内断裂、滑液包面断裂(表面断裂)に分けられる。

原因

腱板が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)にはさまれて断裂する場合と、腱板の老化で断裂する場合があります。

明らかな外傷によるものが半数(スポーツ外傷など)で、残りははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で断裂が起きます。男性の右肩に多いことから、肩の使い過ぎが原因となっていることが考えられます。

症状

運動時痛夜間痛が多いです。夜間痛は同じ姿勢を続けると痛むものや肩を下にして眠れない、逆に悪い方を上にすると痛いなどがあります。

三角筋やその付着部に痛みを訴え、棘下筋腱筋腹と大結節を押すと痛みがでてきます。

運動時痛はありますが、多くの患者さんは腕の挙上は可能です。五十肩と異なるのは『拘縮』すなわち関節の動きが悪くなることが少ないです。あるいは挙上するときに肩の前上面でジョリジョリというあつれき音がする場合もあります。腱板損傷では、腕を挙げたときに違和感を感じて動かしにくくなります。またドライヤーで頭を乾かそうとすると肩が重だるくすぐ疲れてしまいます。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ