ページの先頭です

トップページ > 症状別解説 > 肩の痛み > 肩関節周囲炎(五十肩・四十肩・凍結肩)

肩関節周囲炎(五十肩・四十肩・凍結肩)

関節の可動域に制限がかかることから凍結肩(フローズンショルダー)とも呼ばれます。

20代や30代でも四十肩、五十肩

四十肩、五十肩の正式な病名を『肩関節周囲炎』といいます。

しかし50代に多く見られたため『五十肩』と呼ばれるようになりました。そして、40代にも発症するようになったので『四十肩』という呼び方もできたのです。しかし、最近では30代にも増えてきており、早い人では20代で症状があらわれるケースもあります。

症状の改善は早い人で約1ヶ月、遅い人だと約3年かかることもあります。改善しても拘縮を残す場合があります。

鑑別として、『腱板損傷』『石灰沈着性腱板炎』『頸椎疾患』等があります。

原因

加齢によるものだとえられがちな五十肩は、外傷・激しい運動・生活習慣・ストレスによる影響が重なって肩関節に長期的に負担がかかることも原因であるとされています。しかし、ここ最近は発症年齢が下がってきています。その一番の原因は生活習慣の乱れ・変化が大きく関わっていると考えられています。

なりやすい人は、若いころの肩の病気やケガ・体のゆがみ・猫背・ハイヒール・肩掛けバック・パソコンやスマホの長時間の使用・寝不足・偏った食事・ストレス・自己流(間違ったフォーム)での運動・糖尿病等。

症状

肩または肩から上腕にかけての痛み(初期は前面、しだいに後方へ移動)、関節の動きが悪くなるのが特徴です。

急性期炎症期)➡痛みが最も強く現れる

短い人で1ヶ月、長い人で3ヶ月くらい。安静第一。冷やす。

炎症を起こした腱板や肩峰下滑液包の痛みが主ですが、周辺に炎症が広がる場合もあり、肩周辺のかなり広い範囲に痛みを感じます。安静にしていても痛みは強く(安静時痛)、夜間に痛みが激しい(夜間痛)のが特徴です。

夜間に痛みが強くなるのは、肩が冷えることや寝ているとき肩の部分に長時間圧力が加わることが原因と考えられます。このような場合、胸と腕の間に枕やクッションなどの柔らかいものを挟んだり、起き上がって座位で腕を下げておくと痛みが軽減することもあります。

衣類の着脱、帯を結ぶ動作、体や髪を洗う動作、おしりを拭く動作などをすると痛みが出たり、強くなったりします。

・慢性期(拘縮期)➡痛みは軽減しているが、動かしたり力を入れると痛い

運動療法を行い、痛いときは中止する。冷やしたり、温めたりする。

安静時痛は消失します。しかし腕を挙げていく途中で痛みを感じ、肩関節の動きが制限されます。とくに肩関節の内旋・外旋制限が残ることが多いです。

・回復期➡痛みは無くなるが、動きが制限される

この時期にしっかり肩の運動をしないと固まりやすくなるので、肩甲骨が動くよう意識しながら腕・肩を回したり、挙げたりする運動を行う。

当院の場所

場所が分からなければ、お気軽にお電話ください。(092-585-6622)
駐車場3台分完備しております。

患者さんの声をもっと見る

メールでのお問い合わせ

患者さんの声

スタッフ紹介

院内風景

訪問鍼灸・マッサージ

ダイエットコース

よくある質問

サイトメニュー

症状別解説

当院について

外観

所在地
〒816-0802
福岡県春日市春日原北町4-46
ボヌール春日原101
アクセス
西鉄春日原駅徒歩2分
JR春日駅徒歩7分
電話番号
092-585-6622
営業時間
平日12時~20時半最終受付
土曜10時~16時最終受付
※自由診療と自賠責治療は事前予約で平日20時まで受付。
定休日
日曜・祝日
予約優先

メールでのお問い合わせ